久原房之助・小平浪平の碑


い -I-
今の町 日立鉱山 ありてこそ
<日立鉱山>

日立鉱山は、1905(明治38)年に久原房之助によって開業されました。
鉱山では電気を動力源にするなどの近代化のもとで採掘を進める一方、1908(明治41)年には銅の製錬を拡充するために大雄院に製錬所を建設し、助川駅(日立駅)から資材や鉱石を運ぶための電気鉄道も開通させました。地方の農・漁村に過ぎなかった日立地方は、鉱山の開業をきっかけとして、一大鉱工業地域として発展していくことになります。


え -E-
煙害の 最後の切り札 大煙突
<大煙突>

日立鉱山の煙害とは、銅鉱石を製錬するときに大気中に排出される亜硫酸ガスが農作物や樹木に付着して害を与えるもので、操業の拡大とともに被害も広がっていきました。
鉱山では補償をする一方で、煙をうすめる施設などをつくりましたが効果はあがらず、ついに久原房之助は、当時世界一の、高さ155.7メートルの大煙突の建設を決断したのでした。1914(大正3)年、大煙突の完成によって煙害はしだいに減少していきました。その大煙突も1993(平成5)年2月に倒壊し、現在の姿になっています。


も -MO-
モーターで 町発展させた 製作所
<日立製作所>

久原房之助の招きで日立鉱山に入った小平浪平には、「日本の技術による電気機械の製作」という夢がありました。小平は工作課長として、40坪ほどの修理工場の中で電動機の修理などに従事しながら、1910(明治43)年、ついに国産技術による5馬力誘導電動機(モーター)の製作を成功させるのです。後に小平が創業し、電気産業界に不動の地位を築くことになる日立製作所は、創業小屋ともよばれるこの修理工場にはじまったのです。


2003年6月 撮影


TOP