ぎ -GI-

玉簾寺 安産祈って 滝を見る

<玉簾寺 玉簾の滝>
玉簾寺は、水戸藩第2代藩主徳川光圀(水戸黄門)の命により、1678(延宝6)年に創建されました。本尊は光圀が寄進した観音菩薩坐像で、女人の苦悩を救うとして広く信仰されています。この仏像は室町時代の作といわれ、県の文化財に指定されています。
玉簾寺は安産の祈願所としても知られていて、多くの人が参拝に訪れています。境内には県北の名瀑として有名な玉簾の滝があります。

英語読み札


かるたゆかりの場所

TOP